やすらぎの里とは

welfare01

認知症の方が対象の入居型のサービスとなります。
地域の中で、家庭的な環境のもと、入浴、排せつ、食事等の日常生活上のご支援をさせて頂いております。
できるだけ、ご自身の力で日常生活をすごして頂くことによって、生活自体が機能訓練やリハビリにつながっています。
また、地域の認知症の方を対象にした日帰りのサービスも行い、入居者の方々と一緒に楽しく過ごして頂いております。

お出かけ7人

「グループホーム やすらぎの里」は入居された方それぞれの「わが家」でありたいと思っています。
認知症の症状や要介護度が重くなっても、最後まで安心して過ごして頂けます。

お昼寝

認知症の症状があっても自分らしく、安心して、のびのびと生活していただくために、特に規則はありません。
それぞれが、できるだけ自分での意思決定のもと、自由に生活していただけるように私たちは支援させて頂いております。
お買い物

グループホームで安心して暮らしていただくためには、入居する前や、介護が必要でなかったころの環境や生活様式を引き継ぐことが重要ですので、それぞれの居室には今まで使っていた馴染みのあるものや家具を持ち込んでいただいています。
書道添削

生活面でも、ご本人の自然な環境リズムに基いて、起床時間、食事時間、就寝時間などを決めず一日一日をゆったり暮らしていただいています。
お散歩修正有

花と3人

野菜の収穫

お風呂も週1日のメンテナンス日を除いて毎日ご用意いたします。
介助が必要でなければ、好きな時間に入っていただけます。
音楽会